つくばからの便り

農閑期から農繁期へ

2012年5月種蒔き3月末、種籾を水に漬ける浸種を始めました。種籾を水に漬けると、農閑期から農繁期へと気持ちも変わっていきます。

4月上旬、オタマジャクシが泳ぐ田んぼの中の苗代に、浸種をした種籾を蒔きました。アマガエルやシュレーゲルアオガエルの鳴き声を聞きながら、田んぼの畔に泥を塗って水が漏れないようにする畔付けの作業をしていると、「ピックイー」と言いう鳴き声が聞こえてきて、今年もまたサシバ(鷹の仲間・夏鳥)が渡ってきてくれたことに気付かせて頂きました。サシバはカエル等を餌にしていますので、田んぼとも繋がりの深い鳥だそうです。ツバメも渡ってきて田んぼの上を飛んでいます。畔付けの作業をするために水を入れた田んぼの中を観察してみると、赤トンボの仲間のヤゴや、タイコウチ、シマゲンゴロウ等が見つかりました。

 2012年5月シュレーゲルアオガエル 2012年5月タイコウチ

      シュレーゲルアオガエル                 タイコウチ

2012年5月トウキョウダルマガエル例年なら4月下旬には鳴き始めるトウキョウダルマガエルの声がなかなか聞こえてこないので気になっていたのですが、5月になって直ぐに鳴き声を聞くことが出来て安心しました。


田んぼに繋がってくる生き物達との再会を果たしながら、今年もまた苗代に種を蒔き、畔に泥を塗り、田植えに向けての準備を進めています。

 

 

 

                                    トウキョウダルマガエル


                     もどる   すすむ

過去の履歴

2012年5月9日

2012年3月27日

2011年11月21日

2011年10月26日

2011年9月19日

2011年8月18日

2011年7月13日

2011年6月16日

2011年5月24日

2011年4月10日

2011年3月26日

 

東京 土を愛する会
E-mail: info@tsoil.net
HOME / 活動紹介 / イベント / 生産者紹介 / よくある質問 / リンク集
個人情報の取り扱いについて / 定款

2011©Association of Lovers of Soil, Tokyo